SEED SURF BLOG

シードサーフ オーナー・佐藤 勝の「ども! 種子島臨機応変ブログ」


ども!初漁は・・・結構・・捕れたんです!

2005-11-03

20051103

ども!初漁は・・・結構・・捕れたんです!
今日は定置網のスタート日。朝6時に出港、15分くらい港から出て行った所に巨大な網が仕掛けてある。
そ こまで行き、網を上げ魚を捕り、また網をセットして帰って来る。も~朝の6時過ぎから汗だくです・・・でもあの網を寄せて魚が上まで出てきた時は、何回見 ても凄い。バシャバシャバシャ(この効果音あんまり迫力無いな・・)と凄い量の魚が一気に跳ねる。それを船の上に上げ港にもどり出荷する。
何はともあれ、スタートから幸先良く、良かった~!で・・出荷した後、残してある魚を下ろし、親方がビールを買ってきて船の上でささやかな祝杯をあげたよ。最高でした・・・親方も「自分で捕った魚が1番美味い!」と・・・。納得。
その後帰宅し、リペアを済まし、久しぶりにGO SURF!沖に出た時
東ウネリが来てたので“灯台下”着くと・・コシ位ある。ライトが走れそうな感じ。迷わずパドルアウト。久しぶりの波と自分のサーフィンタイム。最高に気持ち良かったよ。波質は、速めだが走れて面白かったな。まぁボチボチの地形ですな。
そして帰宅し通常オープン。でも・・・6時まで。
そ の訳は“島ヤン”なる人物が来島している。その人物と今夜飲むことになっている。長くなるが・・・この人物を紹介しよう。彼との出会いは10年ちょい前の 種子島。その頃、サーファーの数も今より全然少なかった。とある日、ふと中山に行くと・・・俺の地元のナンバー(八王子)が止ってて1人サーファーが入っ ていた。当時サーファーも見かけことも少なく、それも同郷のナンバー。早速パドルアウトして話し掛けたのが始まり。それから良くつるんで波乗りしてた。一 緒にJPSA&NSAコンテストを回っていた時も何年かあったり・・・一緒にTRIPしたり・・・俺の1番のサーフパートナーだった。そして1時 期、島ヤンは種子島でサーフシップをしていて、俺は1時期、東京でサーフシップの店長をしていた。が・・・・今は全く逆。彼は今、東京でサーフショップを 営み、俺は種子島でサーフショップを営んでいる。この前の全日本で会ったが、今はお互い忙しく中々ゆっくり話もできない。そんな島ヤンは今、お店のチーム 員を連れ来島している。今夜は、久しぶりにゆっくり飲める。
なので、すいません6時閉店します。まぁ・・・明日から頑張りま~~す!!!