SEED SURF BLOG

シードサーフ オーナー・佐藤 勝の「ども! 種子島臨機応変ブログ」


ども!南東の風+スモールウエイブ=ノーサーフ。

2005-11-10

20051110

ども!南東の風+スモールウエイブ=ノーサーフ。
今 日も定置の漁で沖に出る・・・風は南東。昨日まで見られた北からのウネリも見当たらない。熊野漁港の沖には“釜蓋”と呼ばれる平たい岩棚がある。ウネリが ある時は、その釜蓋に必ずウネリが乗り上げ、沖合いのウネリチェックポイントの1つになっている。その釜蓋にも今日はウネリが当たっていない。
漁 を済ませ、時計を見ると、朝の8時。検討した結果、帰宅して先ずはリペア。そしてリペアの後は“田嶋 ゆう子”通称「TAJ」に連絡を入れる。このTAJ なる人物・・・かなりの個性派サーファーで、知る人も多い。立派な病院に勤め、針灸マッサージの腕を発揮し、日々仕事と波乗りに意欲的であった。
何 で連絡したかと言うと・・・実はここ10日ほど、体の調子が悪い。悪いと言っても病気ではない。腰痛やら・・・体の節々が痛い。波乗りもしてるし仕事もし てるんで・・・でも酷くならない様に早めにと思い頼んだ。多分、この夏の疲れや波乗りで使わない仕事の作業でだと思う。TAJがやって来て少し見て貰う と・・・腰の筋肉が張っているみたいだと言う。治療を続けて貰いながら、世間話をしていると・・・何ともうすぐ3ヶ月位、旅に出ると言う。仕事を辞めたの は知っていたが・・・場所はスリランカ。その旅の目的は、モチ波乗りもでもあるが、もう1つある。先の“スマトラ沖大地震”で被災された方々を針灸マッ サージの腕で治療しに行くとのことだった。これはいわゆるNPOとか、ああ言ったボランティア活動だ。凄い・・・人間誰しも、そう言う気持ちはあると思う が・・・実際、行動に移せるのは凄いと思う。中々できませんよ・・・ね。そんな話を聞きながらお灸をすえられ?気持ち良くなった俺は、うたた寝をし て・・・気づいたら終わりでした。現在、腰も軽くなり、かなり調子良くなりました!この場を借りて・・・「TAJ今日は、ありがとうございました。お蔭様 で調子いいです!スリランカの旅・・・気を付けて頑張って来て下さい。きっとTAJのキャラだったら着いた瞬間、人気者になるはず!また種子島に帰ってき たら波乗りしましょう!」そんな今日の開店前でした。
(写真は、俺のお気に入りの雑誌の切り抜きです。何年か前のUS.SURFERの見開き。場所はメンタワイ。これをいつも眺めていました。今は、店のカウンター内の壁に貼り付けて・・・毎日拝んでます)